”うさぎ”にくわしい 我孫子の動物病院 

避妊・去勢について

「去勢、避妊手術はやらなければなりませんか?」
子犬や子猫、うさぎを飼い始めた飼い主さんに一度は聞かれる質問です。
避妊手術、去勢手術はそれぞれにメリットとデメリットがあり、また予防できる事柄も動物によって違いがあります。
最近では望まない妊娠を予防する以外に、ホルモン関連の病気を予防するために行われることが多くなってきました。

monokurowan『イヌの避妊去勢手術』
 メリット  デメリット

(メス)
・子宮蓄膿症、卵巣腫瘍の発症がなくなります
・乳腺腫瘍の発症を予防します
・黄体ホルモンの上昇によって引き起こされる糖尿病を予防します
・発情出血によるトラブルや、発情中のドックラン禁止等の問題がなくなります。
・手術のリスクが0%ではない
・発情による食欲ムラがなくなり、肥満傾向になります
・まれにもともと攻撃的な犬の場合、その攻撃性が増すことがあります。

(オス)
・精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、前立腺肥大による会陰ヘルニアを予防します。
・マーキングが減ります。
・他の犬に対する攻撃性が減り、また他の犬から攻撃される機会も減ります。
・手術のリスクが0%ではない
・運動量が減り、食欲が増して肥満傾向になります。
cat 『ネコの避妊去勢手術』
ネコメリットデメリット

(メス)
・子宮蓄膿症、卵巣腫瘍の発症がなくなります。
・乳腺腫瘍の発症をおさえます。
・発情中の鳴き声や、特異な行動がおさえられます。


・手術のリスクが0%ではありません。
・個体差がありますが、やや肥満傾向になります。

(オス)
・オスどうしのけんかによる感染症や、メスを追いかけての交通事故等、突発的な外出中のトラブルを予防できる
・家の中でのスプレー行為や、尿臭を減らせることが主なメリットになります。

・手術のリスクが0%ではありません。
・個体によりますが、やや肥満傾向になります。
メスネコの乳腺腫瘍はイヌにくらべて悪性の割合が非常に高く、早期避妊によってこの発症が抑えられるので、個人的にはネコの避妊手術の恩恵はイヌよりも高いと考えています。
またオスネコの場合は逆に、精巣腫瘍の発症はイヌにくらべるとかなり低く、また前立腺肥大もほとんど認められないため、トラブル回避が主なメリットになります。
yukiusa 『ウサギの避妊去勢手術』
ウサギメリットデメリット

(メス)
・子宮癌、子宮水腫、卵巣腫瘍の発症がなくなります。
・乳腺腫瘍の発症予防
・偽妊娠から自分の毛を抜毛することによって起こす、胃腸うっ滞を予防します。
ウサギでは、手術前の全身状態の評価がイヌやネコより難しいので、麻酔のリスクがイヌ、ネコに比べて若干高くなります。

(オス)
・人や物にむかってするかけションや、人にたいする攻撃性を減らすことができます。イライラすることが少なくなりおっとりとしたウサギになります。
・多頭飼いする場合、雄とも雌ともいさかいがなくなります。
オスの場合は、病気予防というよりは、飼いやすさがメリットとなります。
手術前の全身状態の評価がイヌやネコより難しいので、麻酔のリスクがイヌ、ネコに比べて若干高くなります。
ウサギを長年診療してきた経験から、うさぎはメスの子宮癌と乳がんを除いては、他のペットと比べると腫瘍になりにくいと感じています。
子宮癌、乳がんは中年以降のウサギ雌に多発し、両者はセットで罹患することが多く、早いうちから肺に転移します。
上記のことから、生後1年以内にメスの避妊手術を行うことをおすすめしています。

ブログ

PAGETOP
Copyright © なみき動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.