梅雨に入ってはっきりしない天気が続いています。
おかげさまで、病院は梅雨入り前に屋根が終わり、サッシも入りました。
建築士の先生の説明では、そのあと外壁をつけ、断熱材を入れ、いよいよ内部の工作と建具に進んでいくそうです。


外観的には建ち上がったのですが、まだまだ先は長く、建築士さんとの打ち合わせが続きます。それと同時にセキュリティの業者さんとの打ち合わせや、インターネット通信の配線の打ち合わせもあり、よくわからない言葉が飛び交って頭が痛くなってきます。


22年前に今の病院を作った時には、インターネットは使いましたが、最初は電話回線で、その後もケーブルから、無線で、(実は主人が非常にくわしいのですべてやってもらい)セキュリティも、きちんと入れたのは開業から5年目くらいでたってからのことで、後付の配線が天井を這ってるような状況です。


私自身はシンプルが好きなのですが、世の中の進歩はどんどん複雑になっていくようです。
結局、餅は餅屋で専門家にまかせるのがいいと思っています。

そう思いながらも、あらためて素人の私が専門家の話を聞いてみると、私自身が獣医師として専門家として、飼い主さんにたいする説明がきちんと出来ていないこともあったなぁと反省しています。